ヨーロッパの旅 14日目 ロンドン  2005.6
 準備をしよう
 ガイドブック利用法
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板

ホテルは朝食付きだったが、まだ準備ができておらず、時間がかかりそうだったので、早めにブリュッセル南駅へと向かう。

この決断、大正解だった。

駅に到着し、ユーロスターの乗り口へ行くとそこには大行列があった。

なんでだろう?と前をのぞくと、パスポートコントロールと荷物検査場があった。
まるで飛行機にでも乗るような仰々しいチェック。

結局40分ぐらいかかって、やっとそこを通過できた。

早めにホテルを出ていなかったら間に合ってなかったかもしれないと胸をなでおろした。
 

ビックバス
ロンドン・ウォータールー駅に到着。

大陸と違い、風が冷たくとても寒い。

ウォータールー周辺のホテルは高いので、ビクトリア駅へ地下鉄で移動し、宿を決める。

ロンドンでは1日しか滞在時間がなかったため、「ビッグバスツアー」という主要観光地を効率よく回ってくれるツアーに参加することにした。


20ポンドで市内ルート乗り降り自由のこの観光バスは、イヤホンで日本語ガイドが聞けた。

別居したダイアナ元妃が住んでいたケンジントンパレスやビックベン、セントポール寺院など名所をきょろきょろしながらバスに揺られて見物。

ピカデリーサーカスで一旦バスを降り、トラガルファー広場へ向かう。
ちょうどそこではウィンブルドン開催中だったので、イベントが行われていて盛り上がっていた。

ランチに向かい、イギリス名物・フィッシュアンドチップスを食べる。
ここは銀座か?と思うほど値段が高い。

しかし接客も雰囲気もよく、紅茶もおいしかったのでよしとする。



テニスゲーム?
ロンドン塔からビックベンまで無料オプションのテムズ川クルーズに参加した。

これはのんびりできて楽しかった。
寒さも忘れるくらいゆったりとした時間が気持ちよかった。
ウエストミンスター寺院を見た後、バッキンガム宮殿へ歩いている途中、キャリアな感じのお姉さんに道を尋ねた。

彼女はバッキンガム宮殿までの道順をていねいに教えて下さり、ここから見る景色は最高だよ!この公園から行った方がより楽しいよ!とかアドバイスをくれた。

彼女が言ったとおりのそこは素敵な場所で、ロンドンという街を誇りに思っているんだなーと感じた。

ロンドンに来てよかった!思いながら、スケジュールを1日しか取らなかった自分の馬鹿さを責めた。


出国
フランクフルト〜プラハ
チェスキークロムロフ
プラハ
ローマ
バチカン市国〜ローマ
ローマ 2
ニース〜
モナコ
ニース
バルセロナ
バルセロナ〜ケルン
アムステルダム
ブリュッセル
ロンドン
パリ
パリ 2
モンサンミッシェル
帰国