ヨーロッパの旅 2日目 フランクフルト〜プラハ  2005.6
 準備をしよう
 ガイドブック利用法
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板


フランクフルト中央駅
空港からフランクフルト中央駅へSバーンという電車で10分の移動

駅は治安が悪いと聞いていたので、びくびくしていたが、夜7時の時点で、駅の構内は人であふれ、カフェもたくさんあり、とっても賑やか。

たしかに変な人はたくさん見かけましたが、荷物の管理さえしておけば大丈夫。

夜11時38分発のプラハ行き夜行列車の予約をするため、駅構内にあるDB(ドイツ鉄道)のカウンターへ。


当日予約で不安だったが、拍子抜けするくらいすんなり席が取れた。

私が取ったのは、クシェットという簡易寝台。 個室に、簡易ベットが両脇に2台づつ計4台あり、他に乗客がいないので一人で使えるとのこと。

初の寝台列車だったので、こういうもんなんだーと甘ーく思ってしまう。 


後に地獄を味わうことになるが。。。(ーー;)



駅構内
フランクフルト中央駅には、マクドナルド、バーガーキング、美味しそうなデリカフェ、コインロッカー、おまけに花屋まであった。

しかし、大都市のツアーインフォメーションには必ずある日本語のガイドブックは置いてなかった。
 残念。

これから寝台でパリに行くという日本人と出会い、マクドナルドで夕食を取りながら、これから行くチェコ情報をいろいろ教えてもらった。


プラハ行きの夜行列車が駅に到着したので、早速乗り込み、車窓から見える景色をぼーっと眺める。

とっても紳士的な車掌さんが、出発前にわざわざ南京錠を持ってきてくれたので、ほんとにセーフティーな部屋になったので安心。

パジャマに着替え、メイクを落とし、寒くもなく暑くもない快適な部屋で、のんびりと日記を書く。

深夜、国境を越えるころ、パスポートチェックがあり、一度起こされてしまうが、それ以外は平和な夜行列車旅だった。


そして、いよいよプラハに到着!


出国
フランクフルト〜プラハ
チェスキークロムロフ
プラハ
ローマ
バチカン市国〜ローマ
ローマ 2
ニース〜
モナコ
ニース
バルセロナ
バルセロナ〜ケルン
アムステルダム
ブリュッセル
ロンドン
パリ
パリ 2
モンサンミッシェル
帰国