ヨーロッパの旅 9日目 ニース  2005.6
 準備をしよう
 ガイドブック利用法
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板

朝からマルク・シャガール美術館へ向かう。

急な坂道と、階段が続くので体力を奪われるが、そこは穏やかな庭と、おしゃれなカフェが併設する、白い壁の素敵な美術館だった。

初めて見るシャガールの絵は、悲しげでもあり、幸せそうでもあり、心が揺さぶられる思いがした。 見に行ってよかったなと思った。



メインストリート
ニースのメインストリートは、海から一本内に入ったところで、楽器隊や歌を歌う人がたくさんいた。

比較的、小さな子供がいる家族連れが多くいる。

旧市街地に移動すると、小さな路地が南仏の雰囲気をかもし出していて、こっちの方が好きかもと思った。

一つ一つの店がとにかくかわいい!
 

旧市街地
南仏独特のカーテンや、テーブルクロスのデザインが、とってもかわいくて、ずらりと並ぶお土産屋に目を奪われっぱなしだった。

すこし歩くと、広い通りに出て、そこでは蚤の市がやってた。

絵画やアクセサリー、食器や家具など、あらゆるものが店頭に並び、みんな思い思いに買い物を楽しんでいる。

わたしも荷物の心配さえなければ、めちゃくちゃ買い物しただろう・・・。


もちろんレストランもたくさんあるので、夕食もかねて、名物ソワーズサラダを出すお店に入る。

ついでに海鮮パスタも注文。 その味のよさに驚いた。

パスタは、海の味がしてダシがしっかり出ていたし、ソワーズサラダも名物というだけあって、アンチョビやパプリカや卵など具沢山でおいしい!!

大満足で店を後にし、また旧市街をブラブラする。


フランスの人は、英語を話さないと言うが、ここニースの人たちは、観光客が多いせいなのか、英語で会話をしてくれる人が多かった。

滞在日数はわずかだったけど、ここが人気のリゾートである理由がわかったような気がした。
のんびりしていて、美しい景色のニースとは今日でお別れ。

次は純粋にリゾートで訪れたいなぁ。などと思いつつホテルに戻る。

荷物を取りに行き、夜行列車でバルセロナへ出発。

明日のメインは、死ぬまでに絶対自分の目で見たい!と思っていたサグラダ・ファミリア。
クシェット(簡易寝台)に横になると、いつの間にか寝ていた。



出国
フランクフルト〜プラハ
チェスキークロムロフ
プラハ
ローマ
バチカン市国〜ローマ
ローマ 2
ニース〜
モナコ
ニース
バルセロナ
バルセロナ〜ケルン
アムステルダム
ブリュッセル
ロンドン
パリ
パリ 2
モンサンミッシェル
帰国