海外個人旅行の本 
 準備をしよう
 ガイドブック利用法
  海外個人旅行の本 1
  海外個人旅行の本 2
  海外個人旅行の本 3
  国内旅行の本 1
  国内旅行の本 2
  京都旅行の本 1
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板

個人で旅行に行く場合、ツアーコンダクターの助けもなく、自分で全ての行動を決めなくてはならないので、目的地の詳細な情報や、行き方など、使える情報がたくさん載っている本を選びましょう。


ガイド本は決して安くないですが、一冊は持って行ったほうがいいです。

いざというとき、日本語で書かれたガイドブックは役に立ちます!


代表的なガイド本を紹介します。

ドイツ
【地球の歩き方】

言わずと知れた超有名本。きめ細かい情報と口コミ情報満載。国別で、種類が豊富なので、自分合ったものが見つかります。

出入国カードの書き方から、持って行く物チェックリストまで、まさにかゆい所に手が届く本。

難点はページ数が多いので、一度見た情報がどこに載ってたかわからなくなること。忘れないようにポストイットを貼っておこう。

南イタリア
【るるぶ】

写真が多く、カラーでとても見やすいつくり。特に料理の写真は、言葉がわからなくても指をさせば注文できるので便利。

リゾート地の自分癒し旅や、グルメ旅にはこれがぴったり!

難点は格安情報があまり載ってないこと。
そこまで貧乏旅行でなければ、これで十分だと思います。

ソウル
【地球の歩き方 ポケットシリーズ】

本のサイズが長財布ぐらいでバックにすっぽり収まり、持ち運びにとっても便利です。

200ページぐらいなのでとっても軽い。

人気都市をピンポイントで解説してあり、短期旅行に最適です。

デザインもおしゃれで写真が多く使われているので、見やすい作りになっています。