海外個人旅行の本 
 準備をしよう
 ガイドブック利用法
  海外個人旅行の本 1
  海外個人旅行の本 2
  海外個人旅行の本 3
  国内旅行の本 1
  国内旅行の本 2
  京都旅行の本 1
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板

最近は地球の歩き方に負けじといろんなガイドブックが出ています。
それぞれに特色を出し、他との差別化を図って競争しています。

自分の旅のスタイルに合ったものを選びましょう。

海外個人旅行の本 1で紹介したガイドブック以外を紹介します。


タイ
【ロンリープラネット】

海外版「地球の歩き方」として有名です。ロンリープラネットは海外で発売されているものを日本語に訳したものです。

特徴は情報量の多さ。歴史や文化からバスの番号まで幅広く細部に渡って書かれています。
その国を丸ごと旅したいならこれがお勧め!

難点はその情報量の多さゆえ重量があること。
写真が少なく、ほぼ活字なので読みつかれることも。

ロンドン
【ブルーガイド わがまま歩き】

他のガイドにはない地域情報や基本情報、街歩きにはかかせない地図や詳細などちゃんと押さえています。 

この本の最大の特徴は、オールカラーであること。旅の本にありがちな殺風景な作りではなく、目で楽しむことができ、読みやすいです。

あの情報量でカラーって他にはないですよね。種類も豊富で、持ち運びにも便利な厚さ。

ニューヨーク編
【ナショナルジオグラフィック海外旅行ガイド】

地球大紀行誌のナショナルジオグラフィック。

旅行ガイドというより、文学書的な位置づけですが、旅に出る場合、その国のことをどれだけ知っているかで楽しさが変わると思います。

まずは歴史や文化を知ってから旅をしたい方にお勧め。読み物として高水準な一冊。