京都女一人旅 三十三間堂 2007.7
 準備をしよう
 ガイドブック利用法
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板


京阪「七条」を降りると、徒歩10分ぐらいで三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)が見えてきた。

ここは私の友人が絶対行って来て!と言ってた場所で、千手観音像がたくさんあるぐらいしか知識がなかった。

そこまで言うんだから一度行ってみようかぐらいの軽い気持ちで向かっていた。


120mの軒下 三十三間堂正面

拝観料600円を払い、靴をげた箱に預け、静かにお堂の中へと進む。

夏なのにひんやりとした空気と静けさの中、角を曲がって正面を向いた瞬間!

度肝を抜かれた!! 

なんだこれ!!??

綺麗に並んだ1000体の千手観音様たちに圧倒されまくった!!

息を呑む凄さがここには存在していた。 

なんだろう・・・。 言葉では表せないような、魂が揺さぶられる感覚に襲われた。

口をあんぐりと開けたまま、真っ直ぐ進んでいくと、ろうそくを立てる場所があったので、100円で購入し、しっかりと手を合わせてきた。

お堂の真ん中に来ると、それはそれは巨大で立派な千手観音像があり、拝まずにはいられなかった。

全て合わせて1001体の千手観音ご本尊。

千本の手でみんなを助けましょうという優しい観音様。

これは国宝になるわ~と一人関心しながら余韻に浸った。

三十三間堂は一度は行っとくべきだと心から思った。




メニュー
JR京都駅
四条通り
祇園
八坂神社
ねねの道
京都霊山護国神社
二年坂
三年坂
清水寺
地主神社
茶わん坂
錦市場
藤森神社
伏見稲荷
三十三間堂
 京都御所
 平安神宮
下鴨神社