液体物の機内持込について
 準備をしよう
  一人旅の理由
   便利なグッズ
  パッキングのコツ
  小物のまとめ方
  寝袋を選ぶなら
  お土産の選び方
  バックパックはどれがいい?
  旅の服装
  一人で食事する時
  国際学生証をつくる
  旅行中のペットの管理
  液体物の機内持込について
 ガイドブック利用法
 パスポートとビザ
 国際免許証を取ろう
 格安航空券の使い方
 宿泊費を節約しよう
 マイレージとカード
 語学力を上げよう
 失敗と成功
 機内食と旅グルメ
 旅のトリビア
 使えるリンク
 掲示板

2006年8月に、ロンドン・ヒースロー空港で航空機爆破テロ未遂事件が起こりました。

犯人は液体爆弾を使って、機体を爆破させようと計画していたため、手荷物として液体の持ち込みが厳しく制限されました。

お茶のペットボトルもダメだったので、検査場で没収されました。

買ったばっかりだったのに・゚・(ノД`)・゚・・

化粧水や乳液、リップクリームまで禁止されたので女性は大変でしたよね。

男性もコンタクトしてる人だと困られたことでしょう。

特にアメリカ行きの飛行機に乗るときは、徹底して調べられました。

現在も厳しいかと思います。

2007年3月1日付けで機内持込液体物の新ルールが適応されます。


 液体容器は100ml以下

コンタクトの保存液や化粧水、歯磨き粉など100ml以下の容器に個々に入れる。

100均で売ってある小さな空ボトルなどに詰め替えて持ち込みましょう。

 ジッパー付きの透明な袋に入れる

ジップロックってありますよね。 液体容器はあれに入れておけばOK。

係員に中身がわかるようにするためです。 ちなみに一人一袋まで。

20cm×20cmが大きさのめやす。

 適応除外されるもの

医薬品、ベビーミルクやベビーフード、特別な制限食などは除外されます。

機内での必要性など照会される場合あり。

 検査後の免税店で買ったものは基本OK

酒類など、免税店で買った液体物は持ち込みOKになりました。

しかしレシートなど確認される恐れがあるので、絶対に捨てないでとっておきましょう。

乗り継ぎを予定している方は、その国のルールに基づき没収される可能性もあるとのこと。

旅行に出発する前に、パッキングする前にきちんと新ルールをチェックしておきましょう。

国土交通省航空局ホームページ(機内持込に関するページ)